貯金をするために必要な5つの捨てるべきものとは?

日々の生活の中で確実に貯金するためには、
増やすよりも、実は捨てるべきものが多くあります。

なんだか不思議な気もしますが…
早速、捨てるべきもの5つをご紹介します。

1.見栄を捨てる

貯金を妨げるものNo.1といえば「見栄」

本当は欲しくないブランド品や、
必要ないものまでわざわざ買っていませんか? 

見栄が絡むと大金もかかり、とても厄介です。

一時の自己満足にしかならない見栄は、
思い切って捨てること。

見栄がなくなれば貯金はもちろん、
心の満足度も上がります。

2.他人ルールを捨てる

「皆持ってるから」「皆がやってるから」と、
他人を物選びの軸に置く人は少なくありません。

焦りもあるでしょうがこれもNG。
本当は自分に必要ないものが多いんです。

自分ルールで選べば、本当に必要なものを
活かしながら使うことができます。

一度外部をシャットアウトし、
「自分には何が大切で、どれにお金をかけたいか」
という自分ルールを考えてみましょう。

3.無理を捨てる

無理な貯金計画を立てたり、貯金のために無理な
節約をしたりする人も少なくありません。

前者は三日坊主に、後者はストレスによる衝動買いを
生みやすいんです。

何事も無理は続かないし、貯金に無理は不要。

自分のライフスタイルと性格に合った目標金額や節約法を
選びましょう。

4.無駄を捨てる

日常生活でも無駄って意外と多いもの。

例えば作れば安くすむお茶を、いつもペットボトル
買って飲んでいませんか?

家でできることは家でしたほうが、お金も時間もかかりませんし、
健康にも良いです。

また給料日の振込や振込手数料で無駄が発生し、
貯金意欲をなくす人も少なくありません。

給与天引きやネット銀行を利用すれば、貯金も確実で手数料要らず。
お金に関わる無駄をとことんなくしましょう。

5.無関心を捨てる

お金に無関心、もしくはプロ任せの人はかなり多いです。
無関心であるほど、お金も貯まりにくいです。

無関心だとお金の入ってくる情報も少ないので、
知らないうちに損していることも。

また銀行や保険会社のプロに相談しても、
自社の製品を案内するのみで終わってしまいます。

賢い貯金をするためには、情報を集めて比較し、
自分に合ったものを見定めることがいちばん。

「自分でお金を守る意識」を持ち、
関心をもってお金の情報を調べましょう。

何も増やさなくても、捨てることを意識するだけでも
貯金額は増えます。

まずは上記の5つを捨てることから、始めてみて下さいね。

任意保険未加入のバイクに追突されて大変だったこと

確定申告に必要な書類は、まとめてお願いも可能です

関連記事

  1. リボ払いって手軽そうだけど、その支払い本当に大丈…

    “貯まらない人”の1カ月の出費欄に共通するある項目が存在することを発見し…

  2. 望む人生はどんなものですか?

    生活の中で大切にしていることは何ですか?あなたの望む人生はどんな…

  3. 今の自分を変えたいと思った時にすること

    「今の自分を変えたい」そう考えたことはありませんか?自分が変わる…

  4. 1日24時間86400秒を大切に使うには?

    みんなに平等に与えられているもの。それは時間。1日24時間という…

  5. スーパーでの買い物で割引シールをうまく利用する方…

    スーパーで買い物をしていると、たまに見かける、割引シール。食材の消費期限…

  6. アフィリエイトを超初心者さんにわかるように説明し…

    アフィリエイトをやってみたいけど、何がわからないのかすらわからない…

  7. 手間も時間も掛けずに飴色玉ねぎを作る方法

    カレーにシチュー、ハンバーグなど様々な料理に使う飴色玉ねぎですが、いざ作…

  8. モバイルSuicaの現金チャージができるチャージ…

    電車やバスに乗るときに、欠かせないSuica。ひと昔前、電車に乗るた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。