学資保険満期日の設定に気をつけて!受験料にも対応するなら夏がおすすめ

子どもが生まれたら、将来に備えて子どものために貯金をしようと
考えるご家庭は多いと思います。

高校に行くのは当たり前。そして、大学・専門学校に進学するのも
当たり前な時代。

どの位のお金を貯めていれば良いのか?
そして、私が失敗してしまった学資保険の満期日設定について
お伝えします。

子どもにかかるお金っていくらなの?

子どもが小さい頃には行事ごとも多くお金がかかります。

そして、成人するときにも特に女の子はお金がかかります。

小学校・中学校・高校・専門学校・大学など、
進学する度にかかってくる教育費。

高校までは、当たり前に多くの子どもたちが通います。
そして、大学・専門学校に進学する割合も高いです。

入学時にかかるお金

大学に合格して最初に払うのが初年度納付金です。
入学金と授業料を合わせたものになります。

大学や学部・学科によっても金額に差が出ますので、
事前に調べておくことが大切です。

授業料 入学金 施設設備費 合計
国立大 536,000 282,000 818,000
公立大 538,000 393,000 931,000
私立大文系 746,000 243,000 158,000 1,147,000
私立大理系 1,049,000 263,000 190,000 1,502,000
私立大医歯系 2,737,000 1,038,000 832,000 4,607,000

在学中にかかるお金

在学中の授業料は、年度毎に前期と後期に支払います。
授業料の他に、施設設備費や実習費などがかかります。

授業料 施設設備費 年間合計 総合計
国立大 536,000 536,000 ×4年 2,144,000
公立大 538,000 538,000 2,152,000
私立大文系 746,000 158,000 904,000 3,616,000
私立大理系 1,049,000 190,000 1,239,000 4,956,000
私立大医歯系 2,737,000 832,000 3,569,000 ×6年 21,414,000

入学金や授業料だけじゃない「学費」とは?

大学でかかるのは、入学金や授業料の他にもあります。
それは「教科書」や実習にかかる「ゼミ研修」など。

海外留学を希望する場合は、さらに学費がかかります。
子どもの夢を応援するために、早めに情報を仕入れて、
対策を立てましょう。

「お金がかかるのは、入学金や授業料だけじゃないの?」と
慌てないようにしっかりと情報を手に入れるようにしましょう。

入学前に必要な受験料も忘れずに!

大学進学の為に必要なのは、入学金や授業料だけではありません。
受験するための「受験料」も必要です。

私立大では1,000円程度ですが「願書代」がかかるので、
覚えておきましょう。

授業料と同様、国公立大の方が私立大よりも受験料は安いです。
学部ごとに受験することの多い大学受験は、受ける学校の数だけ

受験料が跳ね上がりますので、親子でしっかり検討することが
大切です。

入試方式 金額の目安
センター試験 3教科以上 18,000円
2教科以下 12,000円
国公立大・2次試験 1校につき 17,000円
私立大・一般入試 1校につき 約35,000円

本命の大学だけでなく、併願私立大学を受ける人が多いですが、
併願私立大学が合格した時点で「入学金」と「前期授業料」を払います。

その後、本命大学が受かった場合に「入学辞退手続き」をすると
「前期授業料」は返還されますが「入学金」は戻ってきませんので、
しっかり計画を立て、受験をしましょう。

交通費・宿泊費

遠方の大学を受験する場合は、交通費や宿泊費が必要になります。
保護者が受験についていく場合も、その分だけ費用がかかるので、
よく検討しましょう。

最近では「地方試験」を実施している学校・学部が多いので、
事前に調べておきましょう。

交通費 往復 約30,000円
宿泊費 1泊 約10,000円

推薦入試・AO入試

ここまで、一般入試の話しをしてきましたが、
推薦入試やAO入試の場合、合格確定が早まります。

推薦入試は、大学の提示する基準内申点をクリアし、
学校長の推薦をもらって合格をしたら必ずその大学に
入ることを約束した上での受験となります。

3年間の出席日数や、成績を元に推薦が決まるので、
3年間の積み重ねで手にできる受験方法です。

AO入試は学校推薦ではなく、自己推薦で
学力試験ではなく、小論文や面接などで自分の良さを
アピールし大学にふさわしい人物かを見てもらいます。

多くの大学では、10~11月には合格発表されるので、
それに伴い入学金や授業料を納める時期が早まります。

しかも発表から2週間程度以内で、お金を納める
必要があるので、学資保険の満期日は8月位が安心です。

遅くとも9月には手元にお金が用意できるとベストです。
学資保険だけでなく、奨学金やローンを利用する場合にも
覚えておくといざという時に慌てずにすみますよ。

そして、万が一期限までに納めるのを忘れてしまった場合、
諦めずに大学にすぐ連絡をしましょう。

最善策を見つけてくれることが多いです。
もちろん、うっかりミスはないに越したことはないので、
後回しにしないで、早め早めで手続きを済ませましょう。

まとめ

子どもが生まれたばかりで、18年も先のことを考えるのは、
ちょっと想像ができない!という人も多いと思います。

私も正直そうでしたが、準備していて困ることはありません。
そのうち貯めようと思っていても、18年の間には色々なことが
起こって、順調に貯金できないこともあるかと思います。

なので、少しずつでも早いうちから取り組むことを
オススメします。

そして、高校3年生の夏にはお金が手元にある状態を
目指しておくと、合格が早まったときにも対応ができるので、
ぜひ、覚えておいて下さい。

ママ友をがんばって作らなくても良い理由

スーパーでの買い物で割引シールをうまく利用する方法とは?

関連記事

  1. 子育てにかかる不安を軽減 お金を効率よく貯める方…

    子育ては、お金がかかりそう...。そんな話しは聞くけれど、実際にはどのく…

  2. ママ友をがんばって作らなくても良い理由

    「ママ友」と聞いてあなたは今、どう感じましたか?大切な「ママ友」の顔…

  3. 子育て中に申請しないともらえないお金・戻らないお…

    子育て中って、漠然とは考えていたけど、やっぱり、いろいろとお金がかかりま…

  4. 成人式にかかるお金事情は?女の子と男の子との差が…

    成人式には参加しない!?その理由は?大人の自覚する大切な日でもあるので、…

  5. 18歳成人法で2022年度成人式が変わる!何年生…

    2018年6月に可決・成立した「18歳成人法」2022年4月1日から施行…

  6. 乳児・幼児期に準備しておきたいお金の内訳 いざと…

    日本で生活していて、ないと困ってしまう「お金」ひとりで生活するのも大…

  7. 母子手帳が地域密着型アプリに!「母子モ」は子育て…

    赤ちゃんができたとわかったら、もらいに行くもの。そのひとつに「母子手帳」…

  8. 妊活・出産前に準備しておきたいお金の内訳 いざと…

    大きくなったらお嫁さんになって、可愛い赤ちゃんを産んで大きなお家に住んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。